濱菊_瀬山

建物を設計しながら考えたことなど
「HANEGI G-House/山口誠」感想
hanegi_01

すこし前に、山口誠による木造住宅のリノベーション、HANEGI G-Houseを見学する機会をいただいたので、感想を書いておきたいと思う。

木造の住宅を改装するのって、独特の難しさがあると思う。特に、ここで改装の対象となっているような、いわゆる在来木造の建て売り住宅は、それ自体がある一定の論理のもとできっちり設計されているとは言い難い、いろいろな箇所が場当たり的に納められて出来ましたというような印象を与える、なんというか「不純な」建物なので、改装する際にはその不純さにつき合わなければならないからだ。

特に、これまでいくつかの山口氏の作品を見てきた印象からは、「在来木造の建て売り住宅」と「山口誠の建築」の相性がいいとはとても思えず…すなわち設計時に上記のような困難さに直面するであろうことが容易に予想できたので、その意味でも、どうなっているのか楽しみな作品だった。

例えば、このような建物を改装するときに、その場所がある一定の論理で組み立ててあるように見せるには「きれいに化粧」するのが一番手っ取り早いのかもしれない。あるいは既存部分と増築部分が完全に分離しているような表現にして、別のものに見せる方法もあると思う。というか失礼ながら、山口氏が在来木造のリノベーションをするのなら、このどちらかのアプローチしかないのではないかと勝手に想像していた。

しかし、HANEGI G-Houseはそのどちらのアプローチとも異なっていた。
続きを読む >>
| オープンハウス | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
「Yビル/中山英之」感想
Yビル

先日、中山英之によって設計されたYビルの内覧会に参加することが出来たので、ここに感想を書いておきたいと思う。

まず、90角という細さの角パイプで構成された鉄骨造の建物で、真壁のおさまりを採用している建物を初めて見た。これは、かなり冒険的なおさまりだと思われるが、建物の中で見学している時は、少しでも床面積を増やすためにこのような方法を採用しているのかと思っていた。(同様に、外壁にアスロックではなくラムダを使っている理由も、そこにあるのだろうかと考えていた。)しかし、建物から外に出て、ふりかえってファサードを見た瞬間に、そんなところには大きな理由はなかったんだということに気がついた。

そこには、この言い方で合っているかわからないんだけれども、とにかく異様に透明なファサードが出現していた。(透明という言葉は、なんというか、「近代的」な建築言語の語彙なので、あまり使いたくないのですが、とはいえ他にうまい形容詞を思いつきませんでしたので、暫定的に、この言葉を使っておきたいと思います。)この建物のファサードには、壁を薄くするということが、建物の質を変えてしまうということが、非常によく現れていると思う。また、壁の薄さの他、製作したサッシ、柱の細さ、3角形の平面の頂点部分に柱がないことなども関係し合っているだろう。
続きを読む >>
| オープンハウス | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |