濱菊_瀬山

建物を設計しながら考えたことなど
<< googleのことなど その2 | main | 『少女と少年と大人のための漫画読本 2008-2009』 >>
ミリメーターの結婚式



先日、友人であるミリメーターの二人の結婚披露パーティーに招いていただき、参加してきた。非常にすばらしいパーティーであったので、ここにメモを残しておくことにしたい。(5日にupしたエントリを7日付で微妙に修正しています。)

このパーティーは、代々木公園で行われた。結婚披露パーティーという、まあ、世の中ではどちらかというとフォーマルな物と考えられているであろうイベントが、代々木公園という会場の青空の下で行われるという、意表をついた…しかし、彼らのデザインを一度でも目にしたことのある者からすれば、実に「らしい」ともいえる形式のものであった。

参加者には、事前に「public wedding kit」と名付けられたピクニック用品一式が送付され、その中に、会場までの地図とシャンパン、ブーケ用の一輪(会場で皆が笠置氏へと手渡し、それを笠置氏が束ねてブーケにし、宮口さんへ手渡した)や米(ライスシャワー用)、ビニールシートの敷物(座席を作るため)、お菓子、てるてる坊主等がおさめられていた。

当日、会場では次のようなことが起こっていた。

・晴天の空の下、野原に大勢の来客がならぶことでバージンロードがつくられていた。
・乾杯の合図で一斉に栓が抜かれ、溢れ出したシャンパンが風に乗って飛沫となっていた。
・地面が杭によってマーキングされ、座席が指示されていた。
・その杭の周りに敷物を敷いて、酒と料理の入ったバスケットを囲むように座席が作られた。
・そんな風に作られた座席の間を、笠置氏の父上と母上が皆にお酒をついで回っていた。
・周りでキャッチボールをしている親子がいた。
・その親子の投げたボールがパーティーの輪の中に入ってきたりもした。
・集合写真を撮影するときに、どこかの子供が吹いたシャボン玉が漂っていた。
・ウエディングケーキが芝生を模した形をしていた。
・そのケーキにスコップで入刀が行われた。
・パーティーの参加者だけでなく、公園に遊びに来ていただけの人も周りから拍手を送っていた。
・また、海外からの観光客(だろうか。外人の親子連れや団体の方々)もみな足を止め、撮影したり拍手を送ったりしていた。
・とにかく、そこにある様々な要素がすべて一体となって、ひとつの質を持った「場所」をつくり出していた。


こんな風に、結婚披露パーティーという、ある種の形式性を要求する場所があまりにも自然にそこに現れているということが、ちょっとした驚きであり、また、感動的でもあった。(おそらく「会場が野原である」ということ以外は、きわめてまっとう、かつ形式的に披露宴が行われているということがここでは重要なのだろう。)

考えてみれば、ミリメーターの方法論はいつでもこのようなものだったと思う。街の中でコンセントを探す試みも、間取り図のプリントが施されたレジャーシートを制作することも、グラフィティに注目することも、一貫して「街を使うこと」という立場のもとに実践されていた。その立場のもとでは、街はなによりも自分たちが楽しくやるための「材料」としてそこにあるということになる。そしてこの立場に立てば、既存のビルディングタイプはまったくもって自明のものではなくなってしまうのだろう。すなわち、結婚式を結婚式場であげる必要など、どこにもない。というか、自分たちが結婚式をあげた場所こそが結婚式場になるのであった。こんな風に実践できること自体が素晴らしいことだと思うし、その場に居られたことがとにかくうれしかった。


ところで、雨が降っていたら一体どうなっていたのだろうか。事前に送られてきたキットの中にてるてる坊主が入っていたことからも、天候に関しては半ば「賭け」であったことが伺えるのであるが、スタッフの方の説明によると、雨が降ったら全員で山手線に乗るというように考えていたという。これが本当だとしたらなかなかすごい話だ。ともあれ、おめでとうございました。>ミリメーターのお二人。

| 建築計画 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sym.hama-giku.com/trackback/979610
トラックバック